中古iPhone6sの使い勝手を勝手にレビュー

2019年5月26日

中古iPhone6sの使い勝手をレビュー

どんどん新しいiPhoneが発売されていきますが、どんどん高くなっていきますよね。

今現在、iPhoneXシリーズが最新ですが、新品は9万くらい。中古でも7万はするそうです。

ちょっと勘弁って思いますよね。そういう私は先日SIMフリーのiPhone6sを中古で買いました。

結論を言うと、中古のiPhone6s、満足です。

(Apple Web siteより)

 

値段は?どこで買った?

まず気になる値段ですが、約28,000円で購入しました(2019年)。

楽天市場で中古iPhoneを探し、携帯販売のモバイルステーションが種類も豊富だったのでここに。

私も中古とはいえ、すぐ壊れるようなものは嫌だったので、できるだけ状態のいいやつを選びたいと思っていました。

すると中古品にはランクがあって、S, A, B, Cなどと分かれており、ざっと

S:未使用

A:使用感の少ない中古

B:特に目立つ傷などがない中古品

C:傷や劣化等あり

みたいになっています。

 

こうして、私はAランクのiPhone6s 64GB ピンクを購sしたのです。

 

なぜiPhone6sなのか

さて、数あるiPhoneシリーズの中でなぜiPhone6sにしたかです。

まず条件として、私は物をなくさない方だし、水没もさせたことがない。写真もそんなに凝らないし、自撮りもめったにしない。あとはなるだけ安いやつ。

つまり、まぁまぁなスペックで安いやつということ。

 

メモリが高性能になった

iPhone6からiPhone6sで大きく変わったものがメモリです。

メモリ容量が2GBと倍になり、さらに高性能な製品になったのです。

なので、iPhone6より古いものだと最新のiOSにアップデートできないようです。

そのため、iPhone6s以降にしようと思いました。悪いうわさも聞かないですし。

iPhone7もプラス5000円あれば買えるのですが、まぁいいかなと思って。

 

困ったことはとりあえずない

このようにしてiPhone6sを購入したわけですが、購入して数ヶ月、困ったことは全くありません。ただ数ヶ月しか経ってないですからね。。。

今後何か変化があったら追記していきたいと思います。