Adobe

無料で使えるスキャンアプリ"Adobe scan"の使い方を徹底解説します

「スキャン」ってどうやってしてますか?

まだ大きなスキャナーを使っていませんか?

iPhoneやiPad"Adobe scan"を使うとめっちゃいいですよ!

今回はAdobe scanの使い方を解説します。。

 

Adobe scanとは?

Adobe社が提供している、無料のスキャンアプリです。

従来のでかいスキャナーが必要なく、スマホやiPadでカメラで認識することでPDFにすることができます。

さらに、OCRという文字認識機能があるので、PCで取り込んだときに、文字を選択することができます。

無料で使えるスキャンアプリ"Adobe scan"の使い方を徹底解説します

まずは、Adobe scanの使い方を解説します。

今回の流れとしては「iPadでスキャンしてPCに取り込む」ということをやりたいと思います。

iPad or iPhoneでスキャン

・Adobe scanのアプリをダウンロードします
App storeでダウンロードできます。

・アカウントを作成します
googleとかfacebookアカウントを使うのが簡単です。


・Adobe scanを起動します
今回は、本の表紙をスキャンすることにします。アプリを開くと、カメラが起動します。

・スキャンしたいものにカメラを向けておくと、認識してくれます。

・自動でスキャンした対象物の領域を囲んでくれます。適宜、手動で領域を変えます。

・スキャンが完了したら、PDFで保存をクリックします。

 

これでスキャンは完了です!

スキャンしたファイルはどこに保存された?

ここで疑問がわきます。

このファイルはどこに保存されたのでしょうか?

結論ですが、ファイルはクラウド上に保存されています。

実はAdobeのクラウドストレージは無料2GBまで使うことができるんです!

では、次にAdobeのクラウドストレージにPCからログインして、ダウンロードしてみます。

PCでダウンロードする

・PCでダウンロードするにはAdobe acrobatにログインします。

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat.html

にアクセスし、ログインします。

このアカウントはiPadで作ったのと同じアカウントでログインしてください。

・右上の9個の四角印をクリックします。

・Document Cloudをクリックします。

・スキャンしたデータが格納されています。

・スキャンしたデータを見てみると、ちゃんとスキャンできています。

・文字も認識できます。
Adobe scanのすごいところの一つが、文字認識もできるところです。

この例では、「レスポンシブWEBデザイン」を選択してみました。
ちゃんとできていますね。

これで完了です。iPadでカメラを使ってスキャンし、PCで取り込むことができました。

さいごに

今回は、スキャンアプリのAdobe scanの使い方を紹介しました。

とても便利なアプリです!

今までのようなでかいスキャナーは必要なくなりました。

領収書の管理や、書類整理など、いろいろな用途があると思いますので、ぜひ使ってみてください。

ただ、本の自炊をやりたいと思うと、ちょっと厳しいと思いました。
一枚一枚をカメラで認識する必要があるので、本の自炊のように大量のスキャンを一気にやりたい場合は従来のスキャナーを使う必要があります。

また、今回はスキャンしただけですが、Acrobat Pro DCに有料で登録すると、スキャンしたファイルを編集することもできます。 そちら記事はまた書いてみたいと思います。

-Adobe

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.