【徹底解説】無料のスキャンアプリ"Adobe scan"の使い方とスキャンしたファイルの保存先 - さとぶろぐ

Adobe

【徹底解説】無料のスキャンアプリ"Adobe scan"の使い方とスキャンしたファイルの保存先

みなさんは「スキャン」ってどうやってしてますか?

まだ大きなスキャナーを使っていませんか?

iPhoneやiPadで"Adobe scan"を使うとめっちゃいいですよ!

今回はAdobe scanの使い方を解説します!

 

Adobe scanとは?

Adobe社が提供している、無料のスキャンアプリです。

このアプリは、iPadやiPhone、アンドロイドスマホなどで使用することができます。

従来のでかいスキャナーが必要なく、スマホやiPadのカメラで認識することでPDFにすることができます。

さらに、OCRという文字認識機能があるので、PCで取り込んだときに、文字を選択することができます。
 

そもそもOCRとは?

OCRとは"Optical Character Recognition"の略で「光学文字認識」のことです。

これは、手書き文字や印刷された資料をスキャナーで読み込んで、コンピュータが認識できる文字コードに変換する技術です。

このおかげで、PCでスキャンしたPDF資料を開けば、文字検索ができたり、Adobeの有料ソフト"Acrobat Pro DC"を使えばPDFの資料を編集することもできます。

選択することができるため、スキャンした数値データから図表を再作成することができたり、文章の再編成なども可能です。

実務でも、紙の伝票をOCRの技術で読み込んで業務ソフトウェアを介してデータ化したり、また様々な形の紙媒体で保存されている文書をOCRで読み込みデータ化してキーワード検索ができたり再編集をしたりしています。

つまり、OCRが導入されれば、大量に存在していた紙資料のテキストデータ化してペーパーレス化につなげることができる上、検索機能を使うことで、それらのドキュメントにアクセスしやすくなるなどといったメリットがあります。

 

無料で使えるスキャンアプリ"Adobe scan"の使い方を徹底解説

それでは、実際にAdobe scanの使い方を解説していきます。

今回は「iPadで書類をスキャンしてPCに取り込む」ということをやりたいと思います。
 

iPad or iPhoneでスキャン

Adobe scanのアプリをダウンロードする
アプリはApp storeでダウンロードすることができます。

アカウントを作成する
GoogleとかFacebookのアカウントを使うのが簡単ですよ。

 

 

Adobe scanを起動します
今回は、本の表紙をスキャンすることにします。

アプリを開くと、カメラが起動します。
 

スキャンしたいものにカメラを向け、認識させる
自動でスキャンした対象物の領域を囲んでくれます。

適宜、手動で領域を変えて、スキャンした書類の形を決めます。
 

スキャンが完了したら、PDFを保存をクリック
右上にある「PDFを保存」をクリックしてください。

 


 

これでスキャンは完了です!
 

スキャンしたファイルの保存先はどこ?

ここで疑問がわきます。

このファイルはどこに保存されたのでしょうか?

 

スキャンされたファイルはクラウドに保存される

ファイルはクラウド上に保存されています。

実は、Adobeのクラウドストレージは無料で2GBまで使うことができるんです!

では、次にAdobeのクラウドストレージにPCからログインして、ダウンロードしてみます。
 

PCでダウンロードする

PCでAdobe acrobatにログイン

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat.html
にアクセスし、ログインします。

このアカウントはiPadで作ったのと同じアカウントでログインしてください。
 

右上の9個の四角印をクリック
 


 

Document Cloudをクリック

 


 

確認すると、スキャンしたデータが格納されています!
 


 

ちゃんとスキャンできていますね!

 

 

文字も認識できる
Adobe scanのすごいところの一つが、文字認識もできるところです。

この例では、「レスポンシブWEBデザイン」を選択してみました。

ちゃんとできていますね。

これで完了です。iPadでカメラを使ってスキャンし、PCで取り込むことができました。
 

 

Adobe scanのメリット・デメリット

メリット

メリットは何よりもスキャンを手軽にできるところです。

従来は大型のスキャナーや複合プリンタでスキャンを行なっていたと思います。

個人でスキャンをしようとしても、普通はスキャナーを持っていないために職場でやるか、コンビニでやるか、写真をとるかなどだったと思います。

ではここで、なぜ写真ではなくスキャンがいいのでしょうか?

それは先ほども説明したOCR機能があるからです。

OCR機能は自動で文字認識をしてくれるため、文字の選択やコピー、検索を行うことができます。

普通に写真を撮っただけでは、そのような機能はありませんよね。

写真ではなくOCR機能を持ったスキャナーでスキャンをすることで、ペーパーレス化、資料へのアクセシビリティ向上、図や文章の再編成が可能となるのです。

数値にも対応しているので、紙媒体の資料をスキャンして数値を選択すれば、図表を再作成することができます。

さらにAdobe scanであれば、台形補正や手動での形状補正もできますよ。
 

デメリット

唯一のデメリットは、大量のスキャンには向かないところです。

スグレモノであることは間違いないのですが、本を自炊したり、保存してあった大量のドキュメントを電子化したいとなった場合には、複合プリンタやスキャナーを使うべきです。

Adobe scanは1枚1枚カメラで撮って認識していく必要がありますので、数枚であればすぐに終わりますが、大量の資料には向きません。

無料なのでダウンロードしておく分には全く問題ありませんが、実際にスキャンをしたいとなったときは、スキャンする資料のボリュームを考えて、何を使ってスキャンするか考えるのがいいでしょう。

 

さいごに

今回は、スキャンアプリのAdobe scanの使い方とスキャンされたファイルの保存先を紹介しました!

Adobe scanは使ってみると、とても便利なアプリです。

今までのようなでかいスキャナーは必要なくなりました。

領収書の管理や、書類整理など、いろいろな用途があると思いますので、ぜひ使ってみてください!

また、今回はスキャンしただけですが、Acrobat Pro DCに有料で登録すると、スキャンしたファイルを編集することもできますよ。

合わせて使用すると、より事務作業が便利になることと思います。

-Adobe

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.