海外

サンフランシスコで行ってきたAmazon Goのレポートをします!

サンフランシスコで行ってきたAmazon Goのレポートをします!

Amazon Goはご存知でしょうか?

Amazonが最近開発したレジのないコンビニみたいなやつです。

スマホに専用のアプリさえ入れておけば、お金を払う必要なく、欲しいものを持って出るだけで、スマホで勝手に決済が完了しているというすごいやつです。

まだまだ店舗数は少なく、アメリカの4都市、サンフランシスコ(3店舗)、シアトル(5店舗)、ニューヨーク(8店舗)、シカゴ(6店舗)にしかありませんが、その革新さゆえ、多くの注目を集めています。

各店舗に関しては、以下のAmazon公式サイトを参照してください。

www.amazon.com
Amazon.com Page Not Found
https://www.amazon.com/b?ie=UTF8&node=16008589011
私も先日サンフランシスコに行く用事があったので、ぜひAmazon Goに行きたいと思っていました。

意気揚々とアプリを入れて、日本にいるうちにクレジットカード登録を済ませ、アメリカ用SIMカードを事前に買って、準備万端で臨みました。

入店方法

入店方法はアプリでAmazon GoトップのQRコードみたいなやつをゲートでかざせば、自動でゲートが開き、入ることができます。

それだけ、とても簡単です。

私が行った時にゲートのところに店員さんがいたので、不安だったら聞くことができます。

もし数人で行って自分しかアプリを入れてない場合でも、自分のアプリだけで全員入ることができます。

ただし一人ずつ入る必要があるので、ピッとして一人入り、またピッとして一人入り、を繰り返し、最後に自分が入ればOKです。会計は全て自分持ちになります。

商品

コンビニみたいと言いましたが、売っている商品は基本的に食品のみで、朝食、ランチ、スナックがメインです。

しかし、アメリカっぽいジャンキーなものは少なく、野菜を使ったサンドウィッチなどのように健康に気をつかった商品が多いです。どうやら、店のバックヤードでもサンドウィッチなど作っているようです。

買い物袋等はありませんが、紙袋が売っているので、たくさん買った人は紙袋も購入したらいいでしょう。

内装

内装は黒を基調としたスタイリッシュな感じです。

上を見ると、センサーのようなものが大量に天井についており、たぶんあれで客が何を取ったか追っているんだろうと思います。

とても面白いですよね!店内でずっと上見てました(笑。

あと、私が良いと思ったのが、イートインスペースがあるところです。ゲートを出たところに7席くらい?のスペースがあります。綺麗に保たれてます。

決済とレシート

店を出た後に、数分するとアプリにレシートが届きます。

-海外

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.