スイス滞在記

チューリッヒ空港からベルンへの鉄道での行き方

チューリッヒ空港から首都ベルンに行くには、SBBというスイス連邦鉄道がオススメです。

チューリッヒ空港からSBB鉄道駅は直結していてアクセスしやすく、ベルンの駅もベルン中心地にあります。

チューリッヒ空港駅までの行き方

飛行機の到着がLevel0で、鉄道の切符はLevel01で買うことになります。

プラットフォームはLevel02になります。

Level01には切符の窓口だけでなく、スターバックスやCOOPなどの食料品店もあり、ワイワイしています。
 

チューリッヒ空港駅での切符の買い方

チューリッヒ空港駅で切符を買うには、Level01にある券売機か窓口を使う方法があります。

窓口は以下のようになっていて、店員さんはとてもフレンドリーでした。

切符を買うときには、利用するのが初めてかどうかも聞いてくれ、初めてだと言うと、説明用の券も出してくれました。

座席は、ファーストクラスとセカンドクラスがあり、ファーストクラスは値段が倍近くします。

私のような庶民はセカンドクラスに乗りましたが、特に狭いわけでもなく快適でしたので、普通の人はセカンドクラスでいいと思います。

座席は全席自由席です。

慣れれば、券売機でも良いと思いますが、初めは窓口で買うことをオススメします。

券売機は日本語表示がないので、英語かドイツ語とかになります。

さらに地名の表記がドイツ語なので、なかなかわからないのが難しいところです。

ベルンまでは、直通便と乗り換えるパターンがあり、私は初めてだったので、直通便を取ってもらいました。
 

所要時間と値段

所要時間は直通便で、1時間12分でした。

値段は詳しく忘れましたが、28スイスフランだったはず。

私は、鉄道のパスなど事前に調べずに行ったのですが、スイスにはトラベルパスという便利な鉄道乗り放題チケットがあるので、ぜひ渡航前に調べておくと良いと思います。

全く知らないで行くより、ずっと安く旅ができるはずです。
 

プラットフォーム

窓口等のあるLevel01からエスカレーターでLevel02に降りると、直接プラットフォームに出ます。

特に、改札とかはないので、チケットを持ってプラットフォームへ降りましょう。

チケットは車内で車掌(?)が回ってきたときに、見せるスタイルです。

プラットフォームは1~4までありますので、チケットで降りるべきプラットフォームを確認しておきましょう。

プラットフォームに降りると、上の掲示板に次の電車の時刻・行き先や、登場エリアが記載されています。

登場エリアはA~Dまであり、図で電車の止まるエリアが示されています。

また、”1”と”2”の数字が振られていますが、それはファーストクラスとセカンドクラスを意味しているので、自分の座席クラスを確認して、車両に行きましょう。


 

車両と車内

車両は見た目そこまで綺麗ではないですが、とても立派です。

私が乗った電車は、全車両二階建てでした。

車内はとても綺麗です。

座席はセカンドクラスであろうと比較的広いです。

2列・2列で座席が並んでおり、あまり混んでもいませんでした。

車掌がチケットの確認にきますので、チケットはすぐ出せるようにしておきましょう。

-スイス滞在記

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.