大学生

どうしても暇な大学生はこの4つをやればいいと思う〜プログラミング・ブログ・海外旅行・英語

大学生になると暇で何したらいいかわからなくてずっと家でダラダラしたり、アニメ見たり、友達と酒ばっか飲んでたりしませんか?

そこまでではないにしても、けっこう時間を持て余して何したらいいか迷ってしまう大学生っていますよね?

僕も学部生の時は全然勉強もせずに、ダラダラしてしまっていたのを鮮明に覚えています。

そんな過去の自分に言いたいのが、ダラダラするのもいいけど、少しくらい何かやっといたらよかったんじゃないの?ということです。

もちろん大学生の本分である勉学はもちろんちゃんとやっておきたいところ。

でもどうしても暇で、それ以外に何をしたらよかったかと考えると、今思うのは次の4つです。

1. プログラミング

2. ブログ

3. 海外旅行

4. 英語

今回はこれらについて解説していきます。
 

どうしても暇な大学生はこの4つをやればいい

大きく分けて、「プログラミング+ブログ」と「海外旅行+英語」の二つになります。

プログラミングとブログ

理系文系問わず、今の時代はコンピュータとは切っても切れない関係にあり、何をするにもコンピュータを扱うことになります。

それをわかっている人はほとんどだと思いますが、なぜプログラミング?と思うかもしれません。

プログラミングはどうせ理系の人たちがやるものなんじゃないの?と思う文系の方もいるかもしれませんが、その考えだけではもったいないです。

よくCMでもやっていますが、手に職があるのはとても大切ですね。

 

就活で有利だしバイトにもなる

プログラミングができると就職活動や転職活動が有利になることは間違いありません。

そのためには特にwebサイト関係のプログラミングができるととてもいいと思います。

一番の基本はHTML/CSS、そしてPHPや、そこから先はRuby on Rails やPython, Goなどがいいかもしれません。

全部できる必要はありませんが、HTML/CSS、PHPくらいできるとだいぶ幅が広がると思います。

これらができると、大学生でもバイトで稼ぐこともできます!

普通に居酒屋とかで働くよりも給料は高いですし、何よりそれによってスキルアップも望むことができます。

居酒屋で働いて将来は自分の居酒屋を持ちたいとかだったら話は別だと思いますが、それでもないならプログラミング能力があった方が将来はよっぽど安心だと思います。

 

プログラミングは難しいか

いざプログラミングを始めようと思ってもどう始めたらいいかわからない、とか、プログラミングって難しいんじゃないの?と思う人も多いかと思いますが、そんなことはありません。

丁寧にやれば誰でもできます!

僕のオススメは、とりあえず安いPCを買って(数万でOKだし中古でもOK)、基本を本やオンライン学習でざっと学んだから、実際にwordpressでブログを開設してみることです。

 

wordpressでブログを作ってwebまわりの基本を理解する

wordpressでブログを作ると何がいいかと言うと、まずwebサイトの仕組みみたいなのがざっと理解できます。

現に世界のwebサイトの多くはwordpressでできています。

正直、wordpressにはプログラミングはあまり必要なく作られていますが、HTMLやCSS, PHPなどのプログラミングが多少わかっているとより理解が進みます。

そして実際にブログを作って公開してみると、webサーバーのこととか、ドメインとか、そういった基本を学べます。

これらの知識は仮に将来エンジニアにならなかったとしても、これからの時代では知っておくにこしたことはない知識です。

そして、ブログを書いてアフィリエイトをやってみたり、wordpressやプログラミングなどでバイトもできたりするので、お金に繋がりうるところも重要ですね!

 

海外旅行と英語

次にオススメしたいのが、海外旅行と英語です。

留学 or 長期の海外旅行が良い

特に海外旅行は長期の旅行をオススメします。

留学できたら留学がいいと思いますが、単なる旅行でも全然いいです。

なぜ海外旅行と英語をオススメするかと言うと、やはり日本でずっと生きているとグローバルスタンダードからどんどんかけ離れていきます。

僕は大学生になるまで海外に行ったことはなく、大学3回生で初めて海外に行ったのですが、その時のことは今でもはっきり覚えています。

今はもう鎖国をしているわけではないので、これからの世の中を生きていくにあたって、世界を知らないのは圧倒的に不利だと思います。

いろいろな国の人・文化・精神性などにできるだけ触れておくことを勧めます。

さらに長期をオススメするのは、長期で行かないとわからないことも多いからです。

短期の旅行だけでは、観光地を少し回っただけで終わってしまい、正直大した経験にならないことが多いです。

1ヶ月くらいは行ってみることで、「現地の生活」を感じることが大切だと思います。

大学生しかこんなに時間も取れませんしね。
 

オンライン英会話で英語を練習

ではこの海外旅行を有意義にするのは、やはり言語です。

とりあえず英語をやっておくのが一番だと思います。

世界どこに行っても若い人は簡単な英語を話せます。

話せないのは日本人くらいでした。<--実際に僕の感想です。 TOEICやTOEFLなどの資格勉強するというよりも、オンライン英会話などで実際に話す・聞く練習をした方が絶対にいいです。

資格勉強なんかしても実際に使えないので、できるだけ会話をして練習することをオススメします。

 

まとめ

まとめると、大学生のうちに本分である勉学はもちろんちゃんとやりつつも、プログラミングやブログでお金を稼ぎ、オンライン英会話で練習しながら、稼いだお金で長期の海外旅行に行く、のが僕の思うベストです。

今はコロナで海外に行くのは難しいですが、家でプログラミングや英語をやってスキルアップを目指すのがいいですね。

-大学生

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.