SIMカード

関西国際空港でアメリカ用のSIMカード(Wi-Ho!)を買う

今回は、関西国際空港でアメリカ用のSIMカードの買い方を説明したいと思います。

最近は海外に行くときは必ずと言っていいほど現地でSIMカードを購入しています。

しかし、先日の渡航先であるサンフランシスコでは空港でSIMカードを買えないかもしれないという噂を聞き、一応日本で購入していくことにしました。

それも直前だったため、以前amazonで購入したような時間はなかったので、空港で買うことにしました。

関西国際空港でアメリカ用のSIMカード(Wi-Ho!)を買う

出発地は関西国際空港でした。

国際線出発は4階なのですが、見渡してみてもSIMカードを買えそうなところがありません。

よく探してみると、SIMカード売り場は1階にあることがわかりました。

1階に行ってみると、SIMカードやポケットWI-FIを販売している店舗が横並びでいくつかあります。

私はその中で、Wi-Ho!という店でSIMを購入することにしました。

購入したのはWi-Ho!の7日間・6GBのアメリカ用SIMカードです。

これはハワイでも使用できます。

私は一番短い期間のものを選びましたが、一応もっと長期間使えるものもあります。

7日間・6GBで値段は約3000円です。国内通話無制限ですし、テザリングもできます。

中身はこんな感じ。セッティングの方法もしっかり書いてあります。

このSIMカードはT-mobileというアメリカの大手がやっているものなので、かなり安心できます。

もちろん、現地のT-mobile店に行けばもっと安い値段で同様のプリペイドSIMカードを買えますが、現地で買うのが心配な人は日本で買っていくといいです。

サンフランシスコ市内で普通に過ごしている分には全く問題ありませんでした。ただ、滞在した部屋がホテルの6階だったので、そこでは少し弱かったです。

一週間で3000円というとかなり高いように思う人もいるかもしれませんが、インターネット接続できると行動の幅も広がりますし、トラブルも多少回避できますから、少し高くてもできるだけ買ったほうがいいと思います。
 

注意点

買っていくと便利ですが、いくつか注意点もあります。

 

1. 店員さんがSIMカードをセットしてくれない

店員さんがSIMカードをセットしてくれません。

海外ではよく店員さんがセットしてくれますが、自分でSIMカードをセットしましょう。

SIMカード入れを開ける用の細長いピンみたいなのは同梱されているので、大丈夫です。

あと、スマホは必ずSIMフリーにしておきましょう。

2. WEB登録が必要

SIMカードを使えるようにするために、WEBで登録をする必要があります。

現地での使用開始1日前までに登録しておく必要があるので、出発前にやっておきましょう。

アメリカの場合は時差があるので、出発前に登録すれば到着した時には1日以上経っているので、到着してすぐ使えました。

3. 有効期限

私だけかもしれませんが、メールでSIMカードの情報が送られてくる時に、有効期限が間違って1日早くなっていました。

問い合わせたところ、メールの文章のミスだったようなので、大丈夫でした。少し焦りました。

4. なぞのスピード消費

これも私だけかもしれませんが、開始から2日経った時にSMSで、使用期限が終わりました、という旨のメッセージがきます。

また、設定からデータ使用量を確認するとものすごいスピードでGBが消費されます。

しかし、数日すると突然0GBになり、正常なスピードでGBが消費されるようになります。原因はわかりませんが、このようなことがあっても無事に7日間6GB分使用できました。

SIMカードを買って、良い海外旅行を!

-SIMカード

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.