PC, WEB, アプリ

研究室にslackを導入したらめっちゃよかった件

slackとはビジネスの世界でよく使われるグループ内のコミュニケーションツールです。

ちょうど1年くらい前に僕の所属していた研究室でもslackを導入しましたが、とても便利だったので紹介したいと思います。

slack導入に至った経緯

もともと学生や教員の連絡は全てメールでされていました。

しかしメールで学生全員宛にメールを送ったりしても全然レスポンスがないような状況でした。

そんな中で修士の学生がslack入れましょうと提案してくれ、学生間で導入することになりました。

僕はそれまでslackは使ったことがなくどんなものかと思っていたのですが、導入されてみるととても便利なツールでした。

今も学生間でしか使っていませんが、そのおかげでみんな気軽に使えるようでコミュニケーションも少し増えたように思えます。

 

メールって堅苦しいし面倒くさい

僕は以前からずっとメール人間だったので、そこまで不便さを覚えていませんでしたが、最近の大学生はLINEなどを使い慣れているのでメールみたいな堅苦しいやつはキライな人が多い印象です。

たしかに僕も下のメールみたいなのはめちゃ面倒くさいです。

---
~様

お疲れさまです、〜です。

本文

よろしくお願いいたします。
名前
---

これ、やっぱりだるいですよね。

その点slackはメールみたいな暗黙の形式がなく、LINEみたいに気軽にコミュニケーションをとることができるので、とてもいいと思いました。

 

slackの良いところ

気軽に質問ができる

やはりみんな気軽に研究の質問ができるようになりました。

僕らの研究室は実験をしないので、研究室に来なくてもインターネットがあれば研究できるので、全員必ず研究室に来る必要はありませんでした。でもそうすると、わからないことがあるときに質問ができません。

メールを全員宛に送って質問するのはちょっと気が引けますよね。なので、そういう時にパッと質問できるのが良いですね。誰かしら回答してくれます。

 

PCでもスマホでも同じように使える

メールは基本PCですよね。

でもslackはPCでもスマホでも簡単に使うことができますから、その時の状況によらず使うことができます。

 

グループを作ることができる

slack内にいくつもグループを作ることができます。僕はこれが一番便利なんじゃないかと思いました。

これのおかげで、同じ研究室内でも全員グループや自主ゼミグループ、学年のグループを作れば、そのグループの中でコミュニケーションをとることができます。

 

LINEはプライベートすぎるのでちょうど良い

slackよさそうだけど、全部LINEでよくない?という声も聞こえてきそうですが、やはりLINEはプライベートすぎる気がします。

大学院生の研究はもう仕事ですから、仕事とプライベートはちゃんと分けた方がいいです。

その点、slackはLINEみたいにフランクすぎず、メールみたいに堅苦しすぎないのでちょうどいいですよ。

 

slackのデメリット

メールアドレスは全員に与えられますが、slackはオフィシャルなものではないので導入するかしないかは個人の判断によるということもあります。

また、研究室全体で導入して先生方も入った場合、学生が気軽にポンポン投稿できない恐れがあります。

そうすると気軽なコミュニケーションという利点が失われてしまうので、導入するなら学生間だけに留めておくのがいいのではと思います。

 

さいごに

slackを導入したと言っても学生間だけですし、メールも併用しています。

ですが、学生間でのやりとりはslack、先生方や外部の人たちとのやりとりはもちろんメールというように使い分けられているので、導入してくれてとても良かったと思っています。

あまり導入するデメリットがないので、導入を考えている研究室(学生)はぜひ導入してみるといいかと思います。

また、slackに限らなくてもchatworksとかビジネスコミュニケーションツールはいろいろありますから、違うのを試してみてもいいですね。

-PC, WEB, アプリ

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.