転職

ポスドクのデータサイエンティスト就活記①〜実際の就職活動の流れ

いくつか転職関連の記事を書いていますが、エージェントの感想とかだったりが多いので、ここでポスドクの僕の就活記を全部書いておきたいと思います!

一応僕の状況を書いておきますと、こんな感じです。

・29歳
・ポスドク
・宇宙系(理学研究科)
・前職あり(ちょっとだけシステムエンジニア)
・コロナによる緊急事態宣言下での就職活動
・データサイエンティストを目指す
・研究でデータ解析はしていたが機械学習とかベイズとかは素人
・数値計算のプログラミングはできるが、Pythonなどメジャーな言語はできない

実際の就職活動の流れ

僕は今年(2020年)の4月からデータサイエンティストなるものになってやろうと就職活動を始めました。

しかし、残念なことに就職活動期間がちょうど新型コロナウイルスによる自粛と緊急事態宣言に重なってしまいました。

このことによる影響は次の章で書きたいと思います。

さて、就職活動の時系列はこのような感じになりました。

 

4月上旬 転職エージェント登録

ここではキャリトレ経由の人材派遣会社1社(A社とします)と、シンビオライズという転職エージェントに登録しました。

登録したエージェントなどについてはあとの章でまとめてあります。

それぞれ面談後、すぐに求人を出してくれました。

双方ともデータサイエンティスト志望ですが、それほど求人が重なることもなかったので、やはりエージェントによって持っている求人はある程度ちがうのだということがわかりました。

履歴書と職務経歴書を作成し、合わせて15社ほど応募を出しました。

ここで注意があるのですが、キャリトレ経由のエージェントA社は求人を27社出してきました。それに対して、シンビオライズは8社です。

求人を見ていると、明らかに自分を取らなそうな求人がA社の方はたくさんありました。

そして面談をすると、できるだけたくさん出せ、というスタンス。

このエージェントA、良くないな。そう思いました。

結局、A社の求人で10社、シンビオライズの方から5社応募し、書類の通過は案の定な結果になりました。

 

4月中旬〜下旬 結果が返ってくる

少しずつ結果が返ってきました。

書類審査を通ったのは、計3社でした。

A社の10応募中1、シンビオライズの5応募中2でした。

少な!

ただ、それよりも連絡すらない会社が10社もあったのが驚きでした。

いや新卒でもサイレントはそんなになかったぞ。

不合格です、くらい返事しろよ、社会人だろ、そう思いました。

なのでわざわざ不合格の連絡をくれた2社がめっちゃいい会社に思えましたw

 

4月下旬〜5月末

面接

3社と面接をしました。WEB面接です。

転職活動による面接は初めてだったので、あまり勝手がわかりませんでした。

一次面接はほとんど会社説明で終わる会社もあれば、最初からゴリゴリの面接のところもありました。

新卒では各社が会社説明会を開催しそこで会社のことを知るのが一般的ですが、転職においてはこの面接の場で相手の会社のことを知ると言うのが普通みたいです。

だんだんそれがわかりました。

ちゃんと聞きたいことをたくさん用意していきましょう。

結局、これら3社のうち2社は最終まで通過。

エージェントA社経由の1社は一次を通過しましたが、印象がよくなかったので二次(最終)は辞退しました。

あくまで面接はマッチングなので、この会社は違うなと思ったらすぐ辞退すれがいいと思います。

最終まで進んだ2社のうち1社は最終で落ちました。

この会社も面接していて、あれこの会社とは合わなそうだぞ…と思ってやっていたら、案の定相手もそう思っていたようでした。

そして結局残りの1社から6月に内定をもらうのですが、ここは最後まで合いそうだと感じていました。

 

新しいエージェントに登録、応募、面接

手持ちのカードが2枚になってしまい不安だったので、手札を増やすことにしました。

そのため、Signateという人材エージェントに登録して求人を追加で紹介してもらい、またGreenやパーソル、Doda、エンジャパンなどを通じてまた計17社応募しました。

Green経由の会社は書類通過率が高く、9社応募して6社面接しました。

結局その6社の選考中に最初から応募していた会社から内定をもらったので、5社辞退することになりました。

Green以外の8社はほぼ書類の段階で落ちました。

この差はなんなんでしょうw

 

6月上旬 内定

こうして最初から応募していた1社の最終面接と、追加で出して選考が進んでいた7社が残りました。

最終面接は緊急事態宣言が終わっていたので、これだけ本社に行って、社長と次期社長と人事の3人と面接でした。

まさか社長も次期社長も同時に出てくるとは思わなかったので、すげーーーとアホみたいに感心しました。

平穏に最終面接が終了し、その6日後に内定の連絡をエージェントからもらいました。

ここには内定をもらったらいこうと思っていたので、他に選考中の会社には全て辞退の旨を連絡しました。

勝敗

まとめると、

27戦 1勝 19敗 7辞退

という感じになりました。

けっこうしんどかったので、2ヶ月ちょっとで決まってよかったなぁと思います。

ここからはもっと具体的なことを書いていきたいのですが、長くなってしまったので分割していくことにします。

とりあえずここまで読んでいただき、ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------

・ポスドクのデータサイエンティスト就活記②〜コロナ禍での転職活動

-転職

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.