転職

ポスドクのデータサイエンティスト就活記③〜WEB面接の注意点

コロナのために就活でもWEB面接が圧倒的に広がりましたので、そのことについて。

WEB面接で気をつけたこと

WEB面接に使うツールは会社によってさまざまでした。

Zoomを使う会社もあれば、Microsoft teamsSkypeGoogle hangoutWherebyなどを経験しました。

ここからWEB面接に当たって気をつけたことをあげていきます。

 

カメラの角度

まず、カメラの角度です。

僕はノートPC付属のカメラでやっていたのですが、普通に使うとカメラの方が顔より低いので下から見上げる感じになってしまいます。

自分の画面を見ると印象があまり良くないなぁと思いました。

なので、PCの下に本を5冊くらいおいて物理的に高くして目線とある程度合うようにしました。

これだけでだいぶ印象が変わったと思います。

 

明るさの調整

明るさの加減がむずかしかったです。

僕もリモートワークだったので、自室だとかなり画面が暗くなってしまいました。

そのため、勉強用のライトを自分に照らしてみたり、カーテンを調整してみたりしてなるべく明るく見えるように心がけました。

Youtuberの方がリングライトをよく使うみたいなのを見たことがありますが、やっぱりああいう照明はとても大切なんだとここで気づきました。

日頃から動画配信などをやっている方は、WEB面接も似たようなものなので強いのかと思います。

 

面接に使うツールの事前準備

先ほど言ったように、会社によって面接に使用するツールは様々です。

そのため、面接が始まる少し前にはちゃんと準備をしておくことが本当に大切です!

僕はZoomやSkypeは使ったことがあったのですが、Google hangoutやWhereby、Microsoft teamsなどは初めてでした。

自分の端末にもよりますが、これらの中にはブラウザで簡単に使えるものもあれば、アプリをダウンロードする必要があるものもあるので、10分〜15分前くらいにはログインしようとした方がいいです。

またブラウザで使えるものでも、Safariなどには対応していないとかもあります。

僕も急遽Google Chromeをインストールしたりしました。

なので、なるべく早めに準備をしておくようにしましょう。

 

部屋の片付け

部屋の片付けをしました。汚くて印象は良くならないですから。

Microsoft teamsは背景を変えることもできるのですが、妻に「背景を隠す人よりも、ちゃんと映してそれがキレイな方が印象いい」と言われたので素直に従うことにしました。

後ろは白い壁だけになるように物の移動をしました。

さすがに本棚とか大きいものがあったら、別に移動する必要はないかと思いますが、僕みたいに少し段ボールがあったり雑多なものがあるくらいだったら、ちゃんと片付けておいた方が印象はいいと思います。

 

家族との調整

WEB面接で自宅から参加する場合は、家族とも調整をした方がいいです。

僕の面接は緊急事態宣言中だったので、妻も自宅でしたし、子どもの保育園も休園ですからみんな家にいる状態でした。

うちはそれほど広くないので、もし子どもがグズったりしたら音声が入ってしまい、あまりよくないと思ったので、妻と相談して可能な時は面接の時間帯に公園に行ってもらったり、近所を散歩してきてもらったりしました。

もしWEB面接に自宅から参加する時、家族が家にいるなら一応了承をもらっておいた方がいいですね。

 

服装

WEB面接だからといって適当な服を着るわけにはいかないと思い、毎回上は普段着のシャツ(仕事用ではない)を着るようにしていました。

就活サイトなどを見ているとちゃんとスーツを着るべきとかありますが、わかりません。

でも僕は普段着るようなシャツでなんとかなりました。

面接官は私服の人が多かったですが、ある程度こざっぱりした格好がいいんでしょうかね?

結局、スーツは対面の最終面接でしか着ませんでした。

------------------------------------------------------------------------
 
・ポスドクのデータサイエンティスト就活記④〜就職活動の具体的なところ

-転職

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.