Python

Pythonでデータフレームの数値文字列をzfillで0埋めする

今回はタイトルの通り、Python (Pandas) でデータフレームの数値の文字列カラムを0埋めする方法を書きたいと思います。

よくあるのが、データにID列があり中身は数値10桁とかで入っているのに、それが整数値で読まうとかです。

本当は10桁なのに整数で読み込んだから、9桁になっちゃってるよぉーーー!!!という状況です。

こういうことがないように、ちゃんとIDみたいな列は文字列にして数値を0埋めしておかないといけません。

そういうときはzfillを使っていきましょう!

 

文字列の変数を0埋めする

まずはデータフレームをやる前に文字列の変数で確認していきます。

例えば、a="10"みたいな数値の文字列があるとします。

この時、zfillのカッコの中には出力桁数を入れます。

はい、まずは数値で0埋めできました!

 

データフレームの数値の文字列を0埋めする(元から文字列の場合)

では次にデータフレームでやってみます。

試しにデータフレームを作ります。

型を確認しましょう。

では列に適用する場合は、strをかませてからzfillをします。

".str "を入れることを忘れないようにしましょう。

これで列に適用されましたね!

 

データフレームの数値の文字列を0埋めする(元から文字列の場合)

では、最後に列が整数型の場合をやってみます。

整数型のときはまずastypeで文字列に変換しましょう!

そのあとに、zfillをしてやるとOKです!

 

 

こんなかんじでデータフレームのカラムの0埋めができました!

おすすめ記事

1

お疲れさまです! 久しぶりの更新になってしまいましたが、僕が未経験からデータサイエンティストになるまでの転職活動の全記録を書き残しておきたいと思います。 僕は博士号を取得後に研究員として仕事をしていま ...

2

こんにちわ、さとしです! 気がつけばこのデータサイエンティスト転職から、1年が経とうとしています。 今はご時世的に外にも出られず、変化があまりない生活を送ったせいもあってか、なんかあっという間に1年が ...

3

データサイエンティストに転職して1年が経ち、いろいろな業務を経験させてもらいつつ、自分でもある程度本を読んできました。 仕事の話は下記の記事で書きましたが、自分で読んだ本については書いていないのでこの ...

-Python

Copyright© さとぶろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.