Python

google colabでarvizがエラーの時の対処法

Google Colabは環境構築がほとんどいらないのでよく使うかと思います!

僕もベイズ統計モデリングをやるときは、Colabだとすぐできるからとてもありがたいです。

普通に環境構築すると、Pystanのインストールとかけっこうめんどくさいです。

C++のコンパイラとか各種必要ですもんね。。。

というわけで便利なGoogle Colabですが、たまにエラーも出ます。

ベイズ統計モデリングの結果を確認する時に、arvizというライブラリを使うと便利なのですが、このarvizのimportがうまくいかない現象が起きたりします。

今回はそのGoogle Colabでarvizができない時の対処法を紹介します。

 

Google Colabでarvizがエラーの時の対処法

ちゃんとarvizをimportして使っているのになぜ?Colabを使っているのになぜ?と思うかもしれません。

エラーとしてはarvizのバージョンをアップグレードする必要があります。

なぜかはよくわかりませんが、とりあえずデフォルトのバージョンが古いみたいです。

なので、colabでarvizをしたいときは、

[/] shortcode
!pip install --upgrade arviz

arvizをアップグレードしましょう。

そして、ランタイムを再起動してから再度やってみると、動くはずです!

ポイントはupgradeすること、そしてランタイムを再起動することです!

Pandas-profilingもcolabだと同様の現象が起きるので、こういうパターンは多いのかもしれませんね。

ぜひ覚えておいてください!

-Python

Copyright© さとぶろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.