【具体例】Keynote/Pages/Numbersでキレイな数式を書く方法 - さとぶろぐ

Keynote

【具体例】Keynote/Pages/Numbersでキレイな数式を書く方法

今回は、Keynote/Pages/Numbersでキレイな数式を入力する方法を紹介します!

この記事で紹介する方法は個別にソフトをインストールすることなく、あくまで標準装備のLaTeX, MathML形式で数式を入力していきます。

LaTeXなんてやったことない!という人もたくさんいると思いますが、あわてなくて大丈夫です!

参考となるwebページや実例も混ぜながら紹介するので、コピーアンドペーストでできますよ。

 

キレイな数式を書く方法~方程式からLaTeX形式

今回はKeynoteを例にやっていきますが、PagesでもNumbersでもやり方は同じです。

入力方法

まず、「挿入」から「方程式」を選択します。

 

 

すると、このように「方程式を編集」の画面になります。

 

 

ここにLaTeXやMathMLの数式コードを入力すれば、方程式プレビューのところに表示されますので、それでよければ「挿入」をクリックします。
 


 

これで数式を入力することができました。

とても簡単ですね!

 

修正方法

入力した数式を修正するには、挿入された数式をダブルクリックします。

すると、自動的に「方程式を編集」の画面が出てくるので、ここで修正をして挿入をすれば修正ができます。

 

参考資料

AppleのwebページにPages, Numbers, KeynoteでLaTeX, MathML形式で数式を入力するサポートページがあるので、一読しておくといいと思います。
 

https://support.apple.com/ja-jp/HT202501

 
LaTeXができる人はとっつきやすいと思いますし、LaTeXなんてやったことない!という人は下の方にサンプル数式が少しだけあるので、そこを参考にやるといいでしょう。

配置(行揃え)や色、筆算などは参考になります。

また、LaTexのコマンド集もとても参考になります。

 
http://www.latex-cmd.com

 
LaTexとKeynoteの方程式では書き方が異なる部分もありますが、LaTexが基本なので似ています。

次の章では僕がよく使う数式の具体例を紹介していきます。

 

数式入力の具体例

基本的には、この「方程式を編集」の欄に数式をそのまま打てばいい感じになります。

ただし特別な記号や文字には、それぞれ書き方が割り当てられています。

 

以下 1 \geq x
以上 0 \leq x
ノットイコール x \neq 0
ニョロ x \sim 0
集合 x \in A
部分集合 B \subset A
かつ A \cap B
または A \cup B
累乗根 \sqrt[3]{-8}=-2
サイン \sin \theta=\frac{a}{c}
連立方程式 \begin{cases}
2x + 3y = 9 \\
4x + 3y = 15
\end{cases}
指数、かっこ y=\left( \frac{1}{2} \right)^x
ログ \log{_2}8=3
シグマ、平均(バー) s^2 = \frac{1}{n}\sum_{i=1}^n (x_i-\overline{x})^2
ベクトル(太字) A{\bf X}=\lambda {\bf X}
ベクトル \vec{a}=
\begin{pmatrix}
a_1 \\
a_2 \\
a_3 \\
\end{pmatrix}
内積 \vec{a} \cdot \vec{b} = |\vec{a}||\vec{b}| \cos \theta
行列 \begin{pmatrix}
2 \ \ 3\\
4 \ \ 3\\
\end{pmatrix}
\begin{pmatrix}
x \\
y \\
\end{pmatrix}
=
\begin{pmatrix}
9 \\
15 \\
\end{pmatrix}
微分、極限 f'(x)=\lim_{h \to 0} \frac{f(x+h)-f(x)}{h}
定積分 \int_a^b f(x)dx=[F(x)]_a^b
偏微分 \frac{\partial z}{\partial x}

 

バックスラッシュ

LaTeXではよくバックスラッシュ"\"を使います。

Macでバックスラッシュは、「option」 +「¥」で入力できますよ。

 

まとめ

今回は、KeynoteやPages、Numbersで数式を「方程式」からキレイに入力する方法を紹介しました。

この方法ではLaTeX形式で入力します。

僕はもともとLaTeXを使ったことがなく少し抵抗があったのですが、やってみたら案外簡単だったので、これからも使っていこうと思いました。

それに一度書いてしまえばコピーアンドペーストで簡単に増やしていけるので、構文を忘れてしまっても問題ないのがいいですね。

Officeを使わないMacユーザはKeynote/Pages/Numbersをよく使うと思うので、ぜひやってみてください!

-Keynote

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.