PC, WEB, アプリ

MacOSをようやくHigh CierraからCatalinaにアップデートした

5年ほど前に購入したMacBookProでしたが、最近OSをHigh SierraからCatalinaにアップデートしました。

ずいぶん長いことOSをアップデートしていなかったので化石のようになっていましたが、やっとのことでこのたびCatalinaにすることができたので、ブログに書いておきたいと思います。

これまでずっとHigh Sierraを使っていましたが特に困った事はありませんでした。

しかし新しくMac miniを購入し、Mac miniで作成したKeynoteをHigh SierraのMacBook Proで編集しようとしたときに、Keynoteを開けないと言う事象に出会いました。

原因はOSが古く互換性がないと言うことで、意を決してMacBook ProのOSをCatalinaにしようと考えたわけです。

 

High CierraからCatalinaへのアップデート方法

ではアップデートの方法です。

普通OSをアップデートするときは、設定のところにアップデートしてくださいみたいなメッセージが出ると思いますが、High SierraからCatalinaにアップデートする場合は設定からできません。

App StoreからMacOS Catalinaを検索し、インストーラーをダウンロードしてからOSアップデートを開始します。

 


 

注意点として、PCの容量に余裕があればすぐにアップデートできるのですが、私の場合は容量がパンパンだったのでアップデートできないと怒られました。

そのためまずデータの削除から開始しました。

ネット記事などを見ていると、20 GBは空けておいた方が良いということなので、それを目指して削除を始めます。

いろいろ調べていると以前インストールしたいらないアプリや研究で使用していた大量のデータが残っていたため、それらを削除したりハードディスクに移行して何とか25GBほど空けました。

これでようやくOSアップデートができます!

再びインストーラーからOSアップデートをします。今度は空き容量があるのでアップデートが無事進みます。

インストールを開始しますか、などと言う質問には全て「続ける」や「同意する」を答え、最後に「インストール」をクリックします。
 

 

 

 

途中で何回か再起動も入ります。

私の場合は全部で30分ぐらいかかったかと思いますが、静かに待っているとMacOSが無事Catalinaになっていました。

特に誤作動や不便な点もなく、快適にCatalinaを使えています。

古いPCになりましたが、OSをアップデートできてさらに愛着も湧きました!まだまだ使いますよ〜

-PC, WEB, アプリ

Copyright© さとぶろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.