Microsoft Office

ハイフン・マイナス・エンダッシュの違いとMicrosoft wordで入力(Mac)

Microsoft Wordで文章を書いていると、横長の棒「-, –」(ハイフンとかダッシュとか)を使いたい時がありますよね。

ただし、横長の棒といっても、ハイフン、マイナス、エンダッシュなどと微妙に記号が異なりますので、注意が必要です。

マイナスであるはずのところで、ハイフンやエンダッシュを使ってはいけません。

今回は、ハイフン、マイナス、エンダッシュの違いと、Macで入力するやり方を紹介します。

ハイフン・マイナス・エンダッシュの違いとMicrosoft wordで入力(Mac)

ハイフン・マイナス・エンダッシュはみんな横棒ですが、長さも違えば用途も違います。

Macのwordでそれぞれを打ってみたのがこちらです。

マイナス(負記号)の入力

キーボードから直接入力はできませんので、「挿入タブ」から「記号」→「記号と特殊文字」をクリックします。

その中から、Unicode 2212のマイナスを選択して、挿入です。

 

ハイフンの入力

キーボードの右上、「0」の右、「^」の左のキー("=", "-"と記載)がハイフンです。
 

エンダッシュの入力

optionを押しながら、ハイフンのキーを押します。

細かく言えば、他にも全角・半角や、長音など正確には異なるので、注意しましょう。

以下のブログにそれらの使い分けとかが書いてありましたので、記載しておきます。

-Microsoft Office

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.