学振

学振DCでも研究費の前倒し使用が可能になった

学振DCでも研究費の前倒し使用が可能になった

学振DCでは年間100万円以下の研究費がもらえますが、今までは基盤研究などでできた前倒し使用ができませんでした。

前倒し使用とは、事情がある場合に「調整金」を利用して、翌年度の研究費を前倒して使用する制度です。

今までは基盤研究などでしかできなかったのですが、2019年度から学振DCでも前倒し申請(使用)ができるようになりました。

ただし、勝手に自由にできるわけでなく、年に2回の申請時期があります。だいたい、8月と12月にあり、所属機関を通じて申請します。

申請は電子申請がメインですが、学振DCの場合はまだ対応していないみたいで紙媒体で申請を行います。

申請自体は、それほど大変でなく、紙2枚くらい?でしょうか。前倒しを希望する理由や、前倒し使用をして問題ない理由などを記入します。

申請すれば確実に前倒しできるかなどはわかりませんが、制度として学振DCでも前倒し申請できるようになりました。

徐々に規制が緩和しているのでしょうか。

おすすめ記事

1

お疲れさまです! 久しぶりの更新になってしまいましたが、僕が未経験からデータサイエンティストになるまでの転職活動の全記録を書き残しておきたいと思います。 僕は博士号を取得後に研究員として仕事をしていま ...

2

こんにちわ、さとしです! 気がつけばこのデータサイエンティスト転職から、1年が経とうとしています。 今はご時世的に外にも出られず、変化があまりない生活を送ったせいもあってか、なんかあっという間に1年が ...

3

データサイエンティストに転職して1年が経ち、いろいろな業務を経験させてもらいつつ、自分でもある程度本を読んできました。 仕事の話は下記の記事で書きましたが、自分で読んだ本については書いていないのでこの ...

-学振

Copyright© さとぶろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.