Keynote

Keynoteで発表者ノートを含めてPDF化/印刷する

今回は、Keynoteでスライドと発表者ノートを合わせてPDFにしたり、印刷する方法を紹介します。

Keynoteでプレゼン資料を作る人は多いですよね。Keynoteにパワーポイントと同じように発表者ノートの機能があります。

これを使えば発表時の補助になるだけでなく、スライドと発表者ノードを合わせてPDFにして印刷したりすれば、PCなしでもスライドと発表者ノートを同時に見ながら発表練習ができます。

発表の全体像を俯瞰することもでき、とてもオススメです!

 

keynote 発表者ノートを含めてPDF化/印刷する

今回はテストスライドとして4スライド用意しました。

 

発表者ノートを表示する

View(表示)から発表者ノートを表示を選びます。すると発表者ノートが出てきます。

 

ファイル(File)からプリント(Print)をクリック

 

発表者ノートを含む(Include Presenter Note)にチェック

デフォルトではスライドしか表示されませんので、ハンドアウト(Handout)を選び、発表者ノートを含む(Include Presenter Note)にチェックします。

スライド数/ページ数を設定する

レイアウトを設定できますので、1ページに何スライド(+発表者ノート)を表示したいか設定します。とりあえずデフォルトの3スライド/ページにしてます。

 

印刷 or PDFで保存する

印刷するなら印刷を、PDFにするなら左下のPDFからPDFで保存(Save as PDF)を選択。

 

PDF出力

するとこのようなPDFファイルが出力されます。

これで出来上がりです。発表準備のサポートになれば幸いです。

 

UdemyでKeynoteを学んでみよう

Keynoteはとても便利ですが、パワーポイントほど使われてはないように思います。

特に最近Macを使い始めたような方は、パワーポイントとの違いに戸惑うこともあるでしょう。

そんな時は、Udemyというオンライン学習サイトで、Keynoteのオンライン授業を受けてみてはどうでしょうか?

体系的に学ぶことができますよ!

通常の半額以下になっていますし(1650円)、もし買って気に入らなければ返金もできます。

はじめての Apple/Keynote~基本操作をマスター

ぜひ上のリンクから見てみてくださいね!

-Keynote

Copyright© さとぶろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.