Keynote

KeynoteでポスターサイズA0, A1, A4とpts, pixel, inch, foot, cmの変換

ポスターを作成する時によくKeynoteを使いますよね?

でも、サイズの設定がよくわかりません。

それに、ポスターサイズを指定される時にcmで指定されたり、海外だとinchとかfootで指定されることもあります。

わからん!!!

ということで今回は、KeynoteでポスターサイズA0, A1, A4とpts, pixel, inch, foot, cmなどの単位を変換する関係性を紹介します。

Keynoteポスターサイズ〜pts, pixel, inch, foot, cmの変換

Keynoteでのサイズ設定方法

スライドのサイズ設定方法を解説します。

まずは、右上のDocumentです。

Slide sizeを選択。

デフォルトは、4:3になっていますが、A4とかポスターサイズで作るときは、Custom Slide Sizeから自由に変更できます。

カスタムでサイズを決めるときの単位はptsとなっています。

このptsは次で解説します。

pts, pixel, inch, foot, cmの各種単位変換

keynoteでサイズをカスタムで設定するときは、pts単位で設定します。

このptsはポイント(pt)のことで、1 pt=0.35278 mmとなっています。

また、

1 pt = 1/72 inch

1 inch = 1/12 foot

1 px = 1.33 pt (Windows)

のような関係があります。

ただしMacでは、pxとptが 1 pt = 1 pxの関係になっているそうです。なぜかはわかりません。。。

 

KeynoteでA0, A1, A4のサイズ設定

A0 A1 A4
pt (横×縦) 2383 pt × 3370pt 1684 pt × 2383 pt 595 pt × 842 pt

このように設定すればOKです!

参考になれば幸いです。

 

UdemyでKeynoteを学んでみよう

Keynoteはとても便利ですが、パワーポイントほど使われてはないように思います。

特に最近Macを使い始めたような方は、パワーポイントとの違いに戸惑うこともあるでしょう。

そんな時は、Udemyというオンライン学習サイトで、Keynoteのオンライン授業を受けてみてはどうでしょうか?

体系的に学ぶことができますよ!

通常の半額以下になっていますし(1650円)、もし買って気に入らなければ返金もできます。

はじめての Apple/Keynote~基本操作をマスター

ぜひ上のリンクから見てみてくださいね!

-Keynote

Copyright© さとぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.